小学校で必修化

 2020年から小学校でのプログラミング教育を必修化することになりました。

すでに、2012年から中学校技術家庭科ではプログラムによる計測・制御として学習されています。

 当教室では、いくつかの学校ですでに使用されている子ども向けビジュアルプログラミング言語『Scratch』を使用して学習をします。

 タイピングや計算が難しい小学生でも視覚的・直感的にプログラムを組立てていくことが出来ます。最初にアニメーションやゲームを作り、楽しみながらプログラミングに触れてもらいます。

身につく思考力・問題解決力

プログラミングは “なにを、どうしたいのか” という明確な“目標”を立てなければ何も始まりません。

 想像力を存分に発揮し、どうしたいかプランニングして表現していく必要があります。

 課題に取り組む中で、試行錯誤してようやくできたときの達成感がさらに子どもたちの次に進もうとする”意欲”となります。

 プログラミング技術を学ぶのではなく、プログラミングを通して総合的な力を学ぶ場所として当教室を活用するのもいいのではないでしょうか。

プログラミングを学ぶ4つの理由 

デジタル社会への理解・将来

どんなふうにプログラミングをしてるのかな?

どんな仕組みなんだろう?

 自分たちの生活を便利にしているものが、どんなふうに作られているのか想像することができたなら、きっといつもとは違う世界がみえてきます。そして、よりデジタル化した社会で活躍する自分を想像し、未来の選択肢をたくさん増やしてくれるのではと期待しています。

IT人材不足問題

 小学校でのプログラミング教育必修化の背景には、IT人材の不足問題があります。 今後IT産業はさらに拡大すると考えられるにも関わらず、人材不足はさらに深刻化すると予測され、どう人材を育成していくのかが課題となっています。

 『Scratch』のような子どもの向けプログラミング学習環境を利用し、幼少期からプログラミングに慣れ親しんでいくことが望ましいとされています。

ものづくり教室として体験教室や出張教室で延べ約1000人の小中学生にものづくりの楽しさを教えてきました。

 プログラミング教育に注目が集まるなか、これまでの経験を活かしてプログラミング中心に総合的にものづくりを学ぶコースを新たに新設。

タイピングができない子どもでもできる学習用ビジュアルブログラミング言語『Scratch』(スクラッチ)を使用して視覚的・直感的に楽しく学びます。

 本格的な電子工作も可能な充実した環境で、オリジナルロボットの製作も全力でサポートします。

○レーザー加工機・3Dプリンタを使えば製作の幅はさらに広がる
○充実した材料と機材で電子工作ができる
○持ち帰り復習でわからないことがあればメールで質問
○カリキュラムの内容を動画で何度も復習
○コンピュータや付属品は自分専用、持ち帰り学習も可能
○自分専用のコンピュータを自分で組立て
○ハードウェア・ソフトウェア両方に強くなれるカリキュラム
○電気・電子・情報技術がまるごと学べる環境

電子・電気・情報技術を総合的に学べる環境